八十八ヶ所巡り毛彫り石碣が見所
2017/07/14
千住4−27−5
再生回数 50回

江戸時代の初め寛永4年(1627)に出羽湯殿山行者雲海が
この地に庵を結んだのが始めと言われています。

その後賢俊の時代に開山され、16代栄照の時代には特に繁栄
したといわれます。

本尊は薬師如来です。千住七福神では布袋尊を祀ります。

境内には子福稲荷があり、子福成就の御利益があるといわれ、
子どもの成長を願って参詣する人が多いお寺です。

Map