江戸時代から愛される老舗佃煮店「天安」
2019/03/08
日本、〒104-0051 東京都中央区佃1丁目3 フレア...
再生回数 43回

徳川家康公が江戸開府時に「佃(現・大阪府大阪市)」の漁師を招き、埋め立て住まわせ、漁をさせたルーツがある東京都中央区佃。

漁で獲た魚介類を保存する目的で、佃煮ができたと云われています。その為、この辺りは老舗佃煮店ばかり。

私はお勧めは「天安」。古くから伝わる製法で、昔に近い味を楽しめるからです。特にお勧めしたいのは「あさり」と「貝ひも」の佃煮。常温で1ヶ月近く保ちます。

白米のおかずに最適です。

Map