剣術道場「練兵館」跡
2018/03/26
神道無念流 練兵館跡
再生回数 183回

斎藤弥九郎によって開かれた「神道無念流」の剣術道場「練兵館(れんぺいかん)」の跡。幕末江戸三大道場の一つで、剣術のみならず学問も重んじ、多くの明治維新の志士を輩出したことでも知られる。
その代表格となる門下生は長州藩の「桂小五郎(木戸孝允)」「高杉晋作」「井上聞多」「伊藤博文」など錚々たる志士。
練兵館は現在「栃木県小山市」に剣道道場として再興されたそうだ。

Map