実際に戦地に赴いた「零戦」
2018/03/26
游就館
再生回数 116回

靖国神社内「游就館(ゆうしゅうかん)」1階の玄関ホールには「零式艦上戦闘機(通称:零戦)」が展示されている。戦後に世界各地で発見された5機の残骸を解体し復元させたもので、実際に戦地へ赴いたもの。

当時は軽い機体によって抜群の運動性能と世界最長の航続距離を誇り、強力な武器と併せて米国に恐れられた戦闘機。

この零戦に載っているエンジンは、スバル車の水平対向ボクサーエンジンのベースになっている。

Map