廃線となった森林鉄道のトンネル
2018/02/28
エヤ隧道
再生回数 122回

廃線となった「魚梁瀬森林鉄道(やなせしんりんてつどう)」。切石砂岩の空積みで作られた、下流から1つ目の隧道(ずいどう:トンネルのこと)「エヤ隧道」です。建設されたのは明治44年。全長は33.2m。

魚梁瀬森林鉄道は「日本三大美林」の一つといわれる「魚梁瀬杉」を運搬するために開通した鉄道です。高知県近代化遺産、国指定重要文化財に認定されています。

Map