八ッ場ダム 建設現場視察 ⑥
2018/01/28
八ッ場ダム
再生回数 157回

ダム中央の取水口の右隣に見える巨大な黒い管が「常用洪水吐」の放流管。この管もコンクリートで埋められてしまうため、建設中にしか見ることができません。ゲリラ豪雨や集中豪雨が各地で観測される現在。ダムが治水に果たす役割はカスリーン台風当時より高まっています。洪水時に溜めた水を下流に流す役目を持っているこの管は、取水口の左右に設けられ、1条当たり長さ22.5m重さ約350tもあるそうです。

Map

おすすめ動画