島田ICTコンソーシアムが主催する「全国高校生サミットinしまだ」でジモフルが採用されました


全国の高校生が集い、まちづくりについて考える「全国高校生サミットinしまだ」が、静岡県島田市で開催されました。茨城県、長野県、愛知県、福建、宮崎県など全国から9団体約60人が参加し、情報通信技術(ICT)の活用法を議論するなど、活発な意見交換が行われました。

 

フィールドワークでは、それぞれの地域の魅力を発信することを目的に、スマートフォンアプリ「ジモフル」が活用され、世界一の長さを誇る木造歩道橋の蓬莱橋や大井川鉄道、川根温泉など名所を巡り、各スポットをPRする動画の作成を行いました。

 

全国高校生サミットinしまだ まちづくり✕ICT

 

■内容

全国でまちづくり活動している高校生が一堂島田市に介し、若者によるこれからのまちづくりについての意見交換と絆を深めながら、ICT・Ioを活用した地域の魅力発掘や発信の手法を学びます。

また、実際にフィールドワークとして、10グループに分かれ、15秒PR動画の撮影に挑戦してもらいます。

 

■開催期間

開始:2017年8月25日13:00

終了:2017年8月27日11:59

 

■詳細ページ

全国高校生サミットinしまだ まちづくりICT

ニュースTOPに戻る